肺気腫・COPDについて

咳や痰、息切れが長引く方は気管支や肺の病気の可能性があります。
COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、気管支や肺が障害され、次第に正常な呼吸ができなくなる病気です。

COPDは、従来、慢性気管支炎や肺気腫、と呼ばれていた病気です。
長期間タバコを吸われていた方に多く発症し、タバコなどの有害な空気を吸い込むことにより空気の通り道である気道(気管支)や酸素の交換を行う肺(肺胞)が炎症を起こします。その結果、気管支壁がむくんだり痰が大量に出て息苦しくなったり、肺胞が炎症によって壊され、呼吸の機能が低下したりします。
長期間にわたる喫煙習慣が主な原因であることから、COPDは肺の生活習慣病といわれています。喫煙以外にも大気汚染や職業的な塵埃や化学物質も原因となるといわれています。

COPDは咳、痰、息切れなどのありふれた症状からはじまるので見逃されがちですが、40歳以上の日本人のうち約10人に1人がCOPDの疑いがあるとされています。
診断には胸部レントゲンや呼吸機能検査のほか、必要に応じて胸部のCT検査などを行います。

COPDは進行性の病気で放置しておくと、咳や痰、息切れなどの症状が悪化し次第に重症化していきます。
COPDになると、残念ながら肺や気管支が完全に元の状態にもどることはありません。しかし、禁煙や薬物療法、適切な運動などにより、病気の進行をやわらげ、症状を大きく軽減することが可能になります。
「咳や痰が長引く」、「坂道や階段を上っただけで息切れがして苦しい」、「風邪のような症状が長引く」、「入浴や排泄時に息切れがする」などの症状をお持ちの方はご相談ください。

ページの先頭へ