長引く咳について

気道には異物やばい菌を感知、除去する仕組みがあり、異物が気道の奥まできたら咳で外に吐き出すようになっています。
ウイルスが気道で繁殖する上気道炎(風邪)で咳がでるのは正常な反応ですが、気道の炎症や過敏性が残り上気道炎後に咳が長引くことも時折あります。
2週間以上続く咳の場合には、細菌による肺炎の発症やその他の肺の病気の可能性が出てきますので、胸部レントゲンなどの検査を受けることをおすすめします。
胸部画像で異常がない場合は、上気道炎後の咳の遷延のほかに咳喘息、逆流性食道炎、鼻汁による咳など、その他の原因を検討することになります。
以上のように、長引く咳の場合には、早期に肺結核や肺癌など咳の原因となりうる病変がないか、否定するとともに、症状を抑えるための治療検討が望まれます。
長引く咳でお困りの方はご相談ください。

ページの先頭へ