ホルター心電図検査について(動悸、めまいなど)

一時的に動悸やめまいなどの症状がある方は、不整脈によりそのような症状が出ていることがあります。

動悸症状など不整脈を疑う際には心電図検査を実施し、異常の有無を確認しますが、不整脈は発作的に症状や所見が出現することが多く、さらに非発作時の心電図が全く正常であることも少なくありません。

そのような場合長時間の心電図検査によって、発作時の心電図波形を記録し、病気の有無などを判定する必要があります。

ホルター心電図検査では、前胸部に数枚の電極を貼り付け携帯型の記録機で日常生活における心電図を記録します。非常に小型の機械となっていますので、通常通りの生活をしていただいて大丈夫です。(入浴や運動などはできません)

24時間の記録を実施しますので、翌日に再度来院いただき、機械の取り外しをさせていただきます。

一過性の動悸、めまいなどある方はご相談ください。

ページの先頭へ