逆流性食道炎(胸やけ、胃もたれ)など

下記のような症状の方はご相談ください。

  • ・胸やけが持続する
  • ・胃もたれが続く
  • ・胸にしみるような痛みがある。
  • ・食べ過ぎたときや飲みすぎたときに胸やけがひどくなる
  • ・酸っぱい胃液がこみあげてくることがある。
  • ・ものを飲み込む時につかえる感じがある。
  • ・喉の違和感や咳が続く

食道へ胃液が逆流することによって起こる食道の炎症を逆流性食道炎とよび、慢性的な胸やけや胃もたれの原因となります。

年齢とともに、食道と胃のつなぎ目にある下部食道括約筋のしまりが悪くなり、胃液が逆流しやすくなります。胃液は消化のために酸性の状態であり、食道に胃液が逆流すると食道に炎症を起こします。

その結果、胸やけや、胃もたれのほかに、げっぷが出やすくなってきたり、口のなかに酸っぱい液がこみあげてきたり、喉の違和感が続いたりといった症状がでてきます。
慢性的な咳や、胸の痛みの原因となることもあります。

逆流性食道炎は、年齢のほかに、脂肪の多い食事をとる方、飲酒をよくされる方、妊娠をしている方、背中が曲がっている方など、も起こりやすくなります。

また慢性胃炎の原因となるピロリ菌の除菌治療も受けた方も逆流性食道炎が起こりやすくなる方がいます。

逆流性食道炎はお薬を飲むことによって症状をおさえることができます。また、症状の長引く方は胃カメラで食道炎の状態を評価したり、食道癌や胃癌などがないか定期的な検査が望まれます。

ページの先頭へ